レントゲンだけだと詳しい骨の状態までは分からないことも。

整骨院での腰痛の検査=レントゲンというイメージは日本だけ。

日本の場合、「腰痛の検査=レントゲン」というイメージが定着していますが、それは日本だけのこと。レントゲンは、骨折箇所や大きなヘルニアがわかる程度の役にしか立ちません。骨折の疑いがある場合に用いられることもありますが、それは専門家が診れば画像にしなくとも十分にわかることです。つまり、レントゲン検査は、受けてもたいした診断材料にはならないのです。ましてや、この精度の低い検査方法で「異常アリ」か「異常ナシ」かをすべて決めつけてしまうのは、あまりに荒っぽすぎる所業だと言わざるをえないでしょう。

問診と触診で9割以上は診断できるでは、レントゲンなどの画像検査に頼らずに、か。不思議に思う方も多いでしょう。それは『問診・触診』です。いったいどうやって診断を下すのすなわち、腰や足のどこがどのように痛むのか、いつ頃から何をきっかけに痛くそなったのか、朝痛いのか、夜痛いのか、おじぎをすると痛いのか、体を反らせると痛いのか、痛みがラクに感じる姿勢はあるのかどうか……

そういった事細かな問診をしていくことによって原因を段階的に絞り込んでいくわけです。なおかつ、腰や足などの痛む箇所を押してみたり、寝た状態で足を上げ下げしてもらったり、歩く状態を見たり……こうした触診や視診、理学検査などを組み合わせていけば、さらにくわしく痛みの原因を絞り込むことができます。レントゲンやMRIを使った画像診断に比べると、「なんてアナログ的なやり方なんだ」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。でも、私はこの問診・触診に優る診断法はないと思っています。
私が脱毛をしたいなぁと感じていたときにちょうどテレビでブラジリアンワックス スクールの特集をしていて、面白そうだなと思ってお店をネットで検索して行ってみて、それから何度も行くようになりました。
紹介します。私のお気に入りの大井町線 むちうちは、女性限定のカイロプラクティックです。施術スタッフも全員女性ですので、安心して受診して頂きます。駅からも近くショッピングにも便利なんです。
整体だけでなくマッサージや鍼治療も行なっています。高円寺 整骨院なら気持ちいいだけでなく、身体をしっかりと正常にしてくれるので、健康にもおすすめです。
実際どんなことするのかわからなかったので、電話で聞いたところ受付のお姉さんが非常に詳しく教えてくれました。東京 接骨院に実際に行くときは、もう常連さんぐらいいろいろ理解できてました(笑)。
日本は少子化に伴い高齢者の割合が増えています。これから必要とされるのが医療・福祉関係です。じょぶざるでお仕事しながら利用者の方たちと会話をするのが楽しいです。人生の先輩ですので沢山為になることも教えてもらえます。


でも、残りの2割くらいは仙腸関節が関係しているのかもしれないな」といったところでしょうか。しかしー事実は大きく違っていたのです。きっかけは自分自身の腰痛だった私が仙腸関節に着目する治療と出会ったのは15年ほど前のことです。開業する以前、私は、腰痛専門病院や整形外科、サッカー・Jリーグのメディカルスタッフなど、いろいろなところで修業を積んでいました。

ただ、経験を積む一方で、現代の腰痛治療のあり方を、ずっとおかしいと思い続けてきました。治療の現場にいるとよくわかるのですが、スポーツ選手にも一般の方々にも、腰痛という問題に対して、自分の人生の.壁のように立ち向かい、闘い続けている患者さんがとてもたくさんいらっしゃいます。

新着記事
2013/05/15 Recommendを更新しました。
2013/05/11 新着記事を更新しました。
2013/05/10 独特のハート型を更新しました。
2013/05/07 足腰を動かす基軸を更新しました。
2013/05/05 犯人の顔を特定を更新しました。
2013/05/03 他の原因の可能性を更新しました。
2013/05/02 整骨院での腰痛の検査=レントゲンというイメージは日本だけ。を更新しました。
2013/04/29 ホームページをリニューアルしました。

他サイト紹介
六甲アンカー整骨院接骨院と整骨院接骨・整骨院情報最前線
お客様様を第一に考えている整骨院です。安心と身体に関する悩みに紳士に対応してくれると評判です。間違われやすい接骨院と整骨院の違いを分かりやすく説明したサイト。接骨・整骨院情報最前線は整骨院の経営情報や求人情報などを紹介し、トータルサポートします。